Diary

page : [1] [2] [3] [4] [5]

かっこいいオヤジとの出逢い〜2006年夏〜

2006年07月14日
最近知合った40歳のおじさんと飲んだ。

「楽しい」 40歳のオヤジと飲んでそう思うことってなかなかない。
彼と同じ世代に産まれたかった。。。って一瞬思った。
そんな彼と1年後ニューヨークに行く約束をした。ある懸けをしたついでに。

すごくドキドキわくわくさせてくれる人だ。心の奥の方から情熱が湧き出ていて、子供みたいに笑う。
25歳のガキと40歳のオヤジがこんなに楽しくお酒が飲めるってなんか不思議。

この人は、安い居酒屋で上司の愚痴を言いながら夢の無い酒を飲むそこらへんのオヤジみたいに「こんなはずじゃなかった」って言いながら棺桶入るような人じゃない。本当に人生に「夢」を持っている。

ほんとに「かっこいい」人だ。

印象に残った話。
昔アクションやってた彼は、なんかの合宿に行った時、後輩に見栄張ってどっかの高い所から飛降りたんだって。そしたら次の日から腰が痛いんだって。でも気にせずその日から毎日女の子とHしてたらしい。(ちなみに奥さんいる人)。
東京帰って2、3日たっても腰が痛くて仕方なしに病院に行ったら医者に

医者「あなた、、、よく歩けますね。。。」

彼「は?」

医者「腰の骨がボキボキ折れています。しかも曲がって神経にあと1㎜で刺さる常態です。すぐ入院して下さ
い」

     骨が神経に刺さってしまったら一生歩けない、車椅子だ。さすがに震えたみたいだね。が。。。。。

彼「絶対入院しなきゃだめ?」

医者「だめです」

彼「どうしても?」

医者「………」

      どうしても入院したくない彼はなんとか医者を説得して体中ギブスをして家に帰ったらしい。

その夜。。。。。。。。。。。。

女の子とHをした。その次の日も、その次の日も。。。。。。

数日後。病院に行き。。。。。。

医者「あなた、安静にしてましたか?」

彼「してたよ」

医者「本当に?」

彼「もちろん」

医者「おかしいですね。。。骨が前よりこなごなになってるんですよ」

彼「………」

医者「………」

彼「………おかしいな」

こんな人。

なんていうか。人間らしく生きてるっていうか、ただのバカなんだろうけど、なんか好き。

いい気分で酔っ払って帰って来た。日記を書いた。今日1日が終る。よし。明日が来る。

ご無沙汰です(ーー;)

2006年07月10日
久し振りにパソコンを開きました( ̄− ̄)

振返ればこの1か月、めちゃめちゃでした。(?)

いっぱい笑っていっぱい泣いていっぱい怒って感情が右往左往(メ●´_________________`●)

(絵文字も使えるようになりました。浅見さんありがとう。。。。。(* ^)(*^-^*)ゞテヘヘ)

 3日前、親友の結婚式で、長野県の諏訪湖の近くで披露宴に出席。保育園からの親友で名前は智美。あと今の同居人の奈々美。そして私。3人揃って「3バカトリオ」と呼ばれ、青春時代を一緒に過ごした。
 智美と知子は、夢を語ったり将来のことを話すよりも、恋愛話が一番多かった。男に泣かされ、2人でわんわん泣いた事も多々あった私達。お互い「幸せになろう」と言ってたっけ。。。
 本当に本当に嬉しかったし、綺麗だったわあ。。。。智が妻として、母として、女として、新たな幸せな人生を歩んで行くとこを心よりお祈り致します。
 
 結婚式のhappy気分もつかの間。。。。次の日は地方公演の演出の仕事が待っていた。長野から東京へ。東京から静岡へと移動し、二日酔と眠さの中、1つの舞台の演出をやり遂げた。舞台袖から役者を見ていて最後の方まじ泣きそうだった。この1か月はこの日の為に頑張った私だったから。めっちゃ人とバトったりもしたけど、結果たくさんの人に喜んでもらえる作品になったのはバトルのおかげかも。
実はたくさんの仲間やスタッフに支えられてた。。。まだまだ青いのか、我が我がになっちゃってたねー。。。( ´△`)
 でも今は、全ての人に感謝の気持でいっぱいです!!!!!!!!!!1つのモノを創るということがどうゆうことか、解った。

さて、次は役者として新たに出発だヾ(●⌒∇⌒●)ノ

  PS。世界中の全ての人にありがとう              2006。7。10。自宅にて
 

私のi pod

2006年07月05日
私のi podには、普通の人と違うものが入っている。落語、漫才、朗読、効果音、ショパン、バッハ。。。。。。
もちろん普通の音楽も入っているけど。 

今日友達にi pod見せてと言われ、貸したら「何これ」と言われ続けた。「こんなの聞いてるの?電車の中で」。
はいそうです。志ん生、談志他の落語、やすきよ漫才を聞いてはニヤニヤ笑い、与謝野晶子の朗読を聞いては詩的空間に浸ったり、ショパンを聴いては指を動かしている。(現在ピアノ習い中の為。)

おかしいかな?でもこれすべて私の芝居人生に欠かせないものなのです。

★導き★

2006年06月28日
 渋谷のパルコ劇場で「ウィートーマス」という芝居を観て来ました。
自分の大切なもの、守るべきもの、誰もがきっと持っていると思う。人であったり物であったり動物であったりココロであったり。。。。それを何かしらの形で奪われたり中傷されたり壊されることは、人の心までも壊して行っちゃう。 
 今日の舞台で、自分のたった一つの生きる力である猫を殺されたと勘違いし、猫をあずけた親を殺そうとしてしまう人物がいた。自分の愛するものを奪われた悲しみかが憎しみに変わり、「お前が殺したんだ」と本当の親にピストルを向ける。その気持ちがすごく分かって痛かった。でも「大事なものなら自分の元から離すな」とも思った。もしこれが自分だったら分からない。私も殺しちゃうかもしれない。分からない。今の私にはそんな大事なものなんて無いかもしれない。私の守るべきものって何だろう。。。そんなことを考えさせられた芝居だった。
 内容はシュールで面白かったです。バカな人間もいっぱい出て来ます。(でも、バカをバカに描くのはバカを中傷してると思う。)本物の猫が舞台に登場します。猫に役者がどう対応してくか、今後楽しみですよー。ぜひ観てみて下さい!
ブラックコメディーです。。。。。。。。。キューブリックの映画を観ようかな。。。。

てか今日ね〜、実は初日打ち上げみたいのに参加しちゃったのですー。気さくないい人たちばっかりでお話できて今日はとっても刺激になった一日でした!こんな素敵な出会いを私は大切にしたいなー。日々必死で生きて行く中で出会うちっぽけな奇跡。導き。。。私はこの名前もない奇跡を偶然で終わらせたくない!!
ため息ついて眠ってる暇はない! おやすみなさい!!!!

PS。今日はマジで暑い。。。。。。。。。。。。。。

HPリニューアル

2006年06月26日
やっと完成したtomostyle.net。これから楽しみが増えるわ♥
今後も竹内知子を宜しくお願いします!!今まだなんもないけど、これから内容充実したHPにしていくので。。。。

明日はパルコ劇場に、長塚圭史さん演出の舞台を観に行って来ます。最近、いい芝居をいっぱい観てる。新宿シアタートップスでやってた「君去りしのち」っていう舞台が本当にいいお話で、笑って泣いた。。。私の師匠が出てたんだけど、改めてこの人の教え子で良かったって思った。いい芝居はいっぱい観たい。給料全部無くなってもいい芝居が観たいわあ。

さて、そろそろ寝ようかな。。。。。。

PS。誰かパソコンで絵文字(顔文字)の出し方、教えてくださいいいいい。。。。。。